手技(しゅぎ)による麻酔にこだわります。奥沢駅前の痛くない(無痛)馬場デンタルクリニック、セラミックやジルコニアの詰め物、被せもの

手技(しゅぎ)による麻酔にこだわります

当院は以下だけでなく様々な経験と技術により、患者様の感じる「痛み」を研究してまいりました。
最後にたどり着いたのは「手技(しゅぎ)」と「呼吸」。
以下非常に文章では表現は難しいところではありますが、日々少しでも「患者様一番イヤなところ"痛み"」を
和らげる治療を追求しており、今後も徹底的に研鑽してまいります。


最小限の麻酔しかしない理由

・麻酔後2時間は食事ができない(個人差あり)
・麻酔薬を出来るだけ使いたくない
・電動麻酔機器をなるべく使いたくない
(部位や状況によって特に歯根膜にしか使いません)

anesthesia_img1.jpg


手技(しゅぎ)とは?具体的に?

手技が痛みの軽減を最小限に抑えます。
いわゆる「経験」と「積み上げ」がここの差を生みます。

・刺入時の呼吸を合わせて
・注入速度(電動機器はここだけのコントロールしか出来ません)
・注射器(シリンジ)の圧力
・表情(患者さんの顔の表情と歯肉の表情)

anesthesia_img2.jpg


麻酔の針にもこだわります。

注射針は細い針が主流ですが、必要以上に細い針は使いません。
ある程度の径がある注射針の方が刺入時の切れがよく、患者様と呼吸を合わせる事により「痛み」を抑える事ができます。

そもそも「痛み」とは?

そもそも痛みには、おおまかに以下2つの分類があると考えます。

【1】患部の痛み
実際に患部が存在し、「噛むと痛い」「炎症で痛い」や「歯の奥が痛い(歯根膜の炎症)」
「虫歯の穴への刺激で痛い」「歯が破折している」など様々です。

その場合、身体の反応として「痛い」は「やめてくれ」という反応であり、
歯科治療的に、患者様には大変恐縮ですが、「痛い」という痛みを伴っている状態は、すでに「手遅れ」です。
そのためには、そのような痛みが出ないように事前に対処、
すなわち『定期検診』や『予防治療』が事前対処となります。

【2】治療時の痛み
一方、治療を行っている、治療自体に痛みを伴う場合は、こちらもおおまかに以下2つ、
『治療時に伴う痛み』
→こちらは、原則、麻酔によって回避できます。
 ただし、この場合、麻酔次第で、痛みの度合いが変わるわけです。
 そしてもう一方の『麻酔時の痛み』
→こちらは、注射針の「太さ」「角度」など様々手技によって痛みを回避できます。(詳しくは以下にて)
 また、「静脈内鎮静法」や「笑気麻酔」など、本格的な麻酔手法もあります。

TOPへ戻る