痛くない歯科治療。奥沢駅前の痛くない(無痛)馬場デンタルクリニック、セラミックやジルコニアの詰め物、被せもの

痛くない歯科治療

できるだけ痛みの少ない無痛治療

歯の治療をするときに、できればなるべく痛みを伴いたくないものです。
麻酔をすれば、基本的に痛みをほぼ感じずに治療が出来るのですが、「麻酔の注射自体が痛い」という患者様の声を良く耳にします。
当院ではこの麻酔の注射をできるだけ痛みの少ない方法で行っています。

無痛麻酔の特徴

STEP1表面麻酔

無痛麻酔の特徴

無痛治療を行うために、表面麻酔薬を麻酔を打つ部分に塗ってから麻酔の針を挿入します。表面麻酔の効果により針を刺す際のチクッという痛みを防ぐことができます。 当院ではこの麻酔の注射をできるだけ痛みの少ない方法で行っています。

STEP2麻酔薬を適温に温める

無痛麻酔の特徴

麻酔薬が冷たいと体内との温度差で、体がビックリしてしまい麻酔の液が入ってきたと敏感に感じ、それを痛みとして捉えてしまいます。当院では、麻酔液を最も痛みを感じにくい37度に温めています。

STEP3細い針を使用する

無痛麻酔の特徴

当院では無痛治療を行うために31~33Gという最も細いサイズの注射針を使用しています。これにより針で刺す時の痛みをさらに軽減できます。

STEP4【ココが違う!】浸透式麻酔注射

無痛麻酔の特徴

麻酔を痛くなく浸透させながら注入していくには、患者様と歯科医師が呼吸を合わせながらゆっくりゆっくり徐々に浸透させていく麻酔注射法が大切です。 熟練された歯科医師のみができる方法です。

TOPへ戻る