歯科用CT。奥沢駅前の痛くない(無痛)馬場デンタルクリニック、セラミックやジルコニアの詰め物、被せもの

歯科用CT

そもそも歯科用CTとは?

現在、歯科用CTを導入している歯科医院は、100軒に1軒程度です。
理由は、歯科用CTの価格が、以前に比べれば安くなってきたとはいえ、まだまだ高額で資金的に導入が困難だからです。
ただし、高額な資金を投入して、歯科用CTを一台購入する。
それだけの魅力が、歯科用CTには有ります。

馬場デンタルクリニックの歯科用CTについて

ここでは、このCTの魅力を、わかり易くご説明します。
CTのある歯科医院で治療を受けたい、そんな患者様が増えることを願っています。
CTとはX線を使ったレントゲンの一種です。

従来のレントゲンと違うのは、その情報量の違いで、従来のレントゲンは、1方向の1カットのみを映し出すものでした。
これに対し、CTは、3次元の立体的情報を、何百というカットで映し出すことが出来るのです。
例えるなら、人物の写真を正面から1枚だけ撮ったのが従来のレントゲンとすると、CTは、360度の方向から何百枚も撮った写真といえるでしょう。
つまり、CTでは、従来のレントゲンでは解らなかった、歯や顎の骨の詳しい状態が正確に解ります。

この結果、今まで歯科医院で治療しても治らなかった、歯の痛みの本当の原因を知り、それに基づいて正しい処置を行うことが出来ます。
また、インプラントの手術を安全に行うための、顎の骨の詳しい情報を把握することが出来ます。
埋伏した(埋まっている)親知らずの状態を正確に把握し、安全に抜歯することが出来ます。
CTという設備があることで、その歯科医院の治療レベルは、飛躍的に向上することでしょう。

当院のCTの特徴

短い撮影時間
一般のCTとは異なり、患者様は立ったままで撮影できます。 また、撮影装置のせまい空間に頭を入れるという事もありません。

撮影領域
全顎を1回で撮影できます。
そのデータから、あらゆる方向からのCT画像を得ることができ、3D画像としても表示することが可能です。

少ない被ばく線量
短い撮影時間と医科用CTの1/10という被ばく線量の少なさが特徴の歯科専用CTです。

親知らずの抜歯にも有効です

CTレントゲン 顎の骨の深い部分に埋まった状態の親知らずは、傾いた状態や横を向いた状態のものが多いです。
これらの親知らずは、血管や神経が近接しており、本来抜歯が非常に難しいのですが、3Dの画像で事前に分析、診断することで安全かつ正確な治療を行うことが出来ます。
そのため、難抜歯であっても短時間で治療を行えるようになり、患者様の負担も軽減されています。

根の治療にも有効です

CTレントゲン 歯の根の治療は、状態により長期にわたってしまうことがあります。
その場合、通常のレントゲンだけで無くCTレントゲンで歯の内部を立体的に診ることにより、根の状態がよく分かるようになり、治療の成功率の向上、治療の短縮化になります。

CT撮影にかかる時間はどれくらいですか?

CT撮影にかかる時間は約3分(撮影15秒、画像分析し3D画像に構成2分)くらいです。

歯科用CTと医科用CTの違いは?

X線照射量が「医科用CT」の約1/10で、被爆量が非常に少なくなっています。

TOPへ戻る